自己免疫疾患について ⑨ 甲状腺と妊娠

甲状腺ホルモンは卵胞から胚の成長のすべてに必要な
ホルモンです。
このホルモンの低下は、TSHやプロラクチンの増加を招き
不妊につながります。
TSHは、2.5mlU/L以下にすることです。(国際基準)

橋本病の時、甲状腺は壊れていて、
TSHが出っぱなしなります。

TSHとプロラクチンの増加は、排卵障害を起こします。

妊娠に至るケースは、
精子 → 卵子 → 受精 → 受精卵 → 子宮に着床 → 妊娠

 

視床下部   脳下垂体   卵巣 卵胞の成熟
GnRH       →  FSH             →    エストロゲン   → 子宮内膜が厚くなる。
性腺刺激ホルモン                         頸管粘液の分泌 
放出ホルモン                        

LH         →  排卵 卵胞  → 黄体 →黄体ホルモン(プロゲステロン)着床環境の整備
排卵を促す             黄体 →エストロゲン

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA