病気と免疫 3 - アレルギーとの関係 -

アレルギー疾患とは
アレルギー性鼻炎
花粉症
アレルギー性喘息
アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
アレルギー性結膜炎
胃腸アレルギー(食物アレルギー)
かぶれ(接触性皮膚炎)

アレルギーはなぜおこるの?
春は花粉症がおこりやすく、秋はサバで蕁麻疹が
おこるかたもいらっしゃいます。
なぜ、アレルギーがおこるのでしょうか?
1.悪さをする生体にとっての異物に対して免疫(抗体など)が
働きます。

2.しかし、この免疫にくるいが生じると、花粉などに反応を
おこします。

3.その結果、異物と接触するたびに、アレルギー症状がおきるのです。

4.普通の人ではなんでもないのに、アレルギー体質の人は敏感に
反応するのです。

●喘息の発作や花粉症の鼻水、なみだ、下痢などこれらはみんな
異物排除作用なのです。

●アトピー性皮膚炎などは異物を攻撃するときにおこる自己組織の
炎症といえます。

 

 

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です