アトピー性皮膚炎に関する最近のトピックス -漢方薬を用いて-

2008/08/31 第25回 和漢医薬学会 (大阪)において、

「気虚に伴うアトピー性皮膚炎治療における補中益気湯併用の

臨床的評価」 と題して

大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学の小林裕美先生

グループが発表された。

漢方の中の気虚という病態を伴うアトピー性皮膚炎に対する補中益気湯の

併用療法に焦点をあてて、臨床評価を行われた。

通常の西洋医学的皮膚科治療のみでは、難治性アトピー性皮膚炎は

治らないケースが増えている。そうした患者に補中益気湯を併用する事で、

血中サイトカイン値や好酸球数の異常値の改善がみられた。

また、多施設二重盲検法の結果、補中益気湯の実薬併用群の場合は

明らかに著効例が多くなり、皮疹の増悪期間の短縮、皮疹の重症度の

改善がすることが判明した。

科学的なデータに基ずいた臨床研究が発表され、アレルギーに対する

補中益気湯の有効性が証明された。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA