慢性関節リウマチのサイン -早期発見のために-

 

★☆★  慢性関節リウマチ 4  ★☆★

***** リウマチの早期発見のために ******

★1.朝起きたときに関節がこわばる。

「手を握ったり開いたりしにくい」 「体を動かしにくい」などの
症状が、起床後数分から1時間ほど続きます。

★2.関節の痛みと腫れ

指の関節や付け根、手首に痛みや腫れが起こります。
特に、手指の第二関節の痛みが強く、左右対称に起こる
ことが多いのも特徴です。

★3.微熱やだるさが続く

風邪でもないのに37℃程度の微熱やだるさが続く。

これらの症状があるときは、注意が必要です。特に、朝の関節の
こわばり、関節の腫れと痛みがある場合は要注意です。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA