慢性関節リウマチの分かりやすい解説 1 -原因と遺伝-

 

★☆★  解説1  ★☆★

1.慢性関節リウマチとは

関節を主病変とし、全身の支持組織をおかす慢性の炎症性の疾患。

進行例では関節の破壊と奇形が生じる。

2.原因

遺伝・体質
リウマチの家族内発症は、対照の3.6倍も多い。
一卵性双生児の両児発症は34%で、二卵性双生児の7%より高い。

女性に多く、男性の3~5倍。

思春期や更年期の発病が多い。

妊娠すると症状が軽減するため、女性ホルモンとの関与も考えられている。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です