腸内細菌と慢性関節リウマチ -発症原因②-

 

★☆★  慢性関節リウマチ  7  ★☆★

***** 腸内細菌と慢性関節リウマチ ******

2)腸内細菌蛋白とDR抗原との類似性

1. 大腸菌heat shock protein(HSP)のdnajのアミノ酸配列がDR抗原のQKRAAと
一致することが確認された。

2. 大腸菌のOmpA、OmpC蛋白、LPSに対する抗体がRA患者の血清中や
関節液に見出された。
この蛋白のアミノ酸配列を調べたら、DR4との間でNYGVVが一致した。
この配列は構造上分子の外側に位置し、抗体や各種レセプターに認識されやすい。

以上、腸内細菌が腸で炎症を起こし、また、体の奥深く侵入すると、リンパ球が自己
(DR4など)か非自己(細菌など)かの区別がつかなくなり、抗体を作って感作リンパ球
をつくってしまい、炎症が起こる。

********************************************************************

吉川和宏ら 中部リウマチ 、 28(2);107-108(1997) より

参考: 1. HSP 生体が5~10℃の高温に曝されると、急速に合成が起こる蛋白質。

2. QKRAA アミノ酸の略号
Q:グルタミン K:リジン R:アルギニン A:アラニン

3. DR4   組織適合性抗原、クラスⅡでリンパ球に存在する。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です