漢方薬の驚異 第66回 四逆散(しぎゃくさん)

前回まで、肝気鬱結(かんきうっけつ)のお話をしました。

精神的なストレスがかかって、自律神経の緊張が起きた状態。

心的な葛藤があり、イライラ・情緒不安定・自律神経失調症が
出てきて、不安感が増している方の病態ですが、とても
良い漢方があります。

四逆散 (しぎゃくさん)です。

柴胡(さいこ)、芍薬(しゃくやく)、枳実(きじつ)、甘草(かんぞう)

という4つの生薬が配合されいます。

■柴胡(さいこ)・・上部情動中枢、自律神経中枢へ作用して
イライラ緊張を取ります。

■芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)
・・・・平滑筋の痙攣を取ります。

■芍薬(しゃくやく)、枳実(きじつ)
・・・・腸管の蠕動運動を正し、
機能調整を行います。

柴胡と黄ごんの組み合わせがないので、発熱性疾患には用いる
ことが少なく主に、 向精神薬の配合として心身症・神経症に
用いられます。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です