漢方薬の驚異 第113回 お血(おけつ)の生薬 -12-

(ヤクモソウ)

 

今回もお血(おけつ)生薬の続きで、今回は
益母草(やくもそう)です。

●益母草(やくもそう)

○基原 シソ科 Labiatae 益母草の全草を乾燥したもの。

○成分 leonurine A, leonurine B,stachydrine

○薬理 

活血調経。行血去於

子宮の興奮薬である。

1.子宮収縮

2.利尿

「増補能毒」には、
この薬よく血を活かし、陰を補うに依りて、
目を明らかにして精を益し経を調う。
「婦人血逆に、経脈調わざるに」私曰く、
気血をめぐらす薬なる故に、
婦人血気の逆上に用いて妙に得るぞ。

と書かれています。

臨床的な応用としては

産後に子宮収縮が弱いために出血・悪露の
持続、腹部の痛みなどに使用すると良く、
子宮収縮作用によって、止血し悪露を除きます。

月経痛などにも、当帰・芍薬・香附子などを配合
します。
利尿・去於の効能があるので、腎炎の浮腫や血尿
にも利用されます。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA