難病 ② バセドウ病とは

**** 甲状腺の病気 バセドウ病 *****

バセドウ病は毎年二十万人以上が発症しているとされる。
女性が男性の約四倍で、二十~三十台が特に多い。
最近では、男性や高齢の女性にも増加傾向にある。

主な治療は過剰なホルモンの分泌を抑える薬を服用する。
患者の約八割が対象となります。
約一ヶ月で症状は改善するが、最低一年は飲み続けます。
再発しやすい病気のため定期検査は続けることが必要です。

薬が効きにくい場合は、腫れた甲状腺の一部を手術で切除するか、
腫れた甲状腺の一部を手術で切除するか、「放射線ヨード
(アイソトープ)療法」で放射線をあてて細胞を死滅させます。

*************************************************

 バセドウ病発症までのプロセス

免疫が異常になり、抗体が甲状腺を攻撃
     

甲状腺が腫れ、ホルモンが過剰につくられる。
     

新陳代謝が異常に活発になる。
     

動悸・発汗、イライラなどの症状が出る。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA