化お薬

■■化お薬
1. 牡丹皮
2. 丹参
3. 田三七
4. 赤芍
5. 蘇木
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■■牡丹皮
1.出血、抗炎症作用。
2.発熱や局所の炎症(充血・腫脹あるとき)に使用。
長く経過し、午後に高くなる。
発熱、自汗、盗汗などあるときに使用する。
■■■牡丹皮
1.基原
ボタン Paeonia suffruticosa Andrews (Paeoniaceae)の
根茎を乾燥したもの
2.成分
精油(フェノール類 ペオノール生薬あたり1~2%)フェノール
配糖体、ガロタンニン、モノテルペノイド配糖体など
3.薬理
抗炎症作用、体温下降・解熱作用、鎮痛・鎮静作用、
抗血液凝固作用、血小板凝集抑制作用、抗菌作用、
抗ウィルス作用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■■丹参
1.血行よくし、痛みを止める。
2.お血による月経障害、月経痛、産後の障害 。
3.神経症の不眠、頭痛等にも鎮静作用がある。
4.一味で四物湯と同じ作用がある
■■丹参
・基原  Salvia miltiorrhiza Bunge (Labiatae)の根を
乾燥したもの
・成分  β-(3,4-ジヒドロフェニル)乳酸、デプシド、
タンシノン型ジテルペノイド
・薬理  抗血液凝固作用、血小板凝集抑制作用、
降圧作用、鎮静作用、冠動脈拡張作用、
腎不全改善作用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■■田三七人参
・基原 ウコギ科(Araliaceae)
Panax Notoginseng (BURK.)F.H.CHEN ex C.Y Wu et K.M.FENG
・成分 サポニン、フラボノイド、アミノ酸、精油、微量元素、
(その他多糖類、油脂類)
・薬理    止血作用、心血管系に対する作用、抗炎症・免疫活性作用、
強壮作用、肝保護作用、抗発癌作用
■■■田三七製剤
1.雲南白薬 (昆明製薬廠) 田七 など
2.田七粉  (昆明製薬廠) 田七
3.片仔こう (福建しょう洲製薬廠)
麝香、牛黄、田七
4.熊胆跌打丸(広州聯合製薬廠)
田七、熊胆、当帰尾、
川紅花、広木香、川鬱金、
砂仁、大黄
■■■田三七人参
田七の効果 「血を止め、お血を留めず、痛みを鎮め、腫を消す」
1.止血
2.活血化お
3. 止痛
4. 消腫
近年、狭心症、心筋梗塞などの冠状動脈疾患、高血圧、 コレステロール、
慢性肝炎、急性肝炎の肝疾患などに 応用されている。

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-371-4193
受付時間:月〜水・金 9:00〜18:00 / 土 9:00〜15:00
(土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA